(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年02月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

甲賀市信楽町多羅尾 多羅尾滝の摩崖石仏群


滋賀県甲賀市信楽町多羅尾の「甲賀市指定史跡 多羅尾(たらお)滝の摩崖(まがい)石仏群」です。

河内平野で生まれて育って、2013年に伊賀に越してきて、あちらこちらを廻ってみて本当に驚いたのは、車も無い時代にどうして移り住んできたのだろうという疑問です。

説明書きを読んでみて更に驚かされるのですが、昔の人は相当な健脚であったという事は間違いなさそうです。


『甲賀市指定史跡

多羅尾(たらお)滝の摩崖(まがい)石仏群

多羅尾(たらお)は奈良から近江へ、また京都から伊賀・伊勢への道が行き交う交通の要地です。

京街道に沿った大きな岸壁に、阿弥陀如来像を中心に、地蔵菩薩像や不動明王像などの石仏や五輪塔(ごりんとう)が刻まれている他、舟形光背を背にした数多くの地蔵菩薩像などを見ることができます。

注目すべきは、正中二年(1325)という鎌倉時代後期の年号が彫られていることで、さらにその他の石仏の製作年代を考えると、室町時代後期にかけて、順次彫られたものとみられます。

これらの石仏の中には、彩色のあとも見出され、極めて貴重な摩崖(まがい)石仏群といえます。

かつてこの地域には山岳宗教が栄え、石仏群の前方には滝の行場があったと伝えられ、石仏たちは、こうした山岳修行と関係があったのかもしれません。

街道は御斉峠(おときとうげ)を越えて伊賀上野に通じ、往時は旅人の安らぎの場にもなっていたでしょう。

多羅尾(たらお)学区自治振興会』


感心させられます。


関連情報レポートリンク