(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年12月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

守山市守山 石部道道標


滋賀県守山市守山の西藤医院の角にある中山道にある「石部道道標(いしべみちどうひょう)」です。

道標(みちしるべ)」と読むこともあります。

守山宿の散策の入口になるか出口になるかは来た方向により異なりますが宿の外れに位置するということです。

もう少し琵琶湖寄りに「新中山道」も通っているのですが、こちらが本道というか旧道になるのでしょうか。

近くには「天満宮(てんまんぐう)」も鎮座していますし、鳥居前には「中山道守山宿」と「稲妻型(いなづまがた)屋敷割(やしきわ)りの道」の説明書きや道を挟んで「本陣跡」の石標や「井戸跡」がありますのでそれぞれ別に紹介することにします。

天満宮(てんまんぐう)」から街道を挟んで「本陣跡」の石標や「井戸跡」もあります。


道標(どうひょう)

この石部道道標(いしべみちどうひょう)は守山宿の東端から枝分かれして、栗太郡葉山村や東海道へ向かう人々に対して案内したものである。

文字は一面に「すぐいしべみち」、片面に「高野郷新善光寺道」と刻まれている。

この場所に建てられた年代は残念ながら明らかではない。

新善光寺は栗東市高野にあり、

彼岸には門前に市が立つ賑わいを見せる寺院であり、守山方面からも大勢の人々が参拝したと思われる。

栗東郡誌には東海道の林(栗東市)から守山宿まで二十町五十九間四尺の距離があると記され、高野、辻、旧物部村の浮気をとおる道筋がある。

この道は守山道と呼ばれ、逆に中山道から東海道へ入る道としてかなりの人々が利用したと思われる。

もともとこの場所に建てられていたが

中程から折れたために、しばらく市役所に保管されていたが、平成四年三月、中山道守山宿歴史文化保存会により復元されたものである。

平成二十二年四月

中山道守山宿歴史文化保存会

守山市教育委員会』


近くに鮮魚店があり、「鯉のあらい」を期待して店の主人に確認したのですが、最近は売れないので電話して貰えれば取り寄せるというこなのですが、「こまぶし」は市場でも売っていると教えられました。

彦根に墓参した時には必ず土産に買って帰っていたのですが、昨年久しぶりに墓参した時にかなり前に店は無くなったと聞いて残念至極であったのですが、守山に娘が越してきたので期待していました。

滋賀県の人は食文化を忘れ去ってしまったのか、それとも外来魚のせいで琵琶湖の生態系が壊れてしまったのが原因なのか解らないのですが残念です。