(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年09月30日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

蒲生郡日野町北脇 諸木神社


滋賀県蒲生郡日野町北脇に鎮座する「諸木神社(もろきじんじゃ)」です。

何十年ぶりかで彦根にある祖父母の墓参りに行く途中で初めて通りかかりました。

盆にも関わらず高速道路の渋滞とは無縁で気持ち良く走って来ましたが少しばかり休憩しようとコンビニに立ち寄ったら向かい側に鎮座していました。

勿論、訪問して参拝しました。


社歴

御祭神

主祭神 第一座木神 句句廼馳命(くくのちのみこと)

    第二座火神 軻遇突智命(かぐつちのみこと)

    第三座火神 埴安命(はにやすのみこと)

    第四座金神 金山彦命(かなやまひこのみこと)

    第五座火神 罔象女命(みずはのめのみこと)

    日吉神社(ひよしじんじゃ)  大山咋命(おおやまくいのみこと)

境外社 落神神社(おちがみじんじゃ)  木花佐久夜毘賣神(このはなさくやひめのかみ)

    丸山五体天神社(まるやまごたいてんじんじゃ)

御由緒

當社の御創建は仁徳天皇の十二年藤原伯行の混流したもので一名諸木五社大明神(もろきごしゃだいみょうじん)とも称す御社殿は正嘉二年次で宝永七年に修理せしことを宝暦九年の棟札に記せり。

又、當社御鎮座の丸山は御神威高き霊山として廣く信仰をあつめ頂上の聖地に峯天神(みねてんじん)又は丸山五体天神社(まるやまごたいてんじんじゃ)とも称して本宮天津神の天降り給ひし神祠であると伝へられ御社殿は小倉行隆の建立したものである。

蒲生旧誌考には御社名を室木神社(もろきじんじゃ)とも記され、丸山も往古は全山巨木密生し志賀穴穂宮御造営用材として調達されたと記せり

宮座神主ら年月を本神主として奉仕す

例祭

 四月十日 落神神社(おちがみじんじゃ)(御神幸の神事あり)

 四月二十五日 丸山五体天神社(まるやまごたいてんじんじゃ)

 二月初午日 射禮神事を行う

社宝

享●三年 享保十二年の金口

石造燈籠一基 鎌倉時代(重美)』



諸木神社(もろきじんじゃ)と石燈篭

諸木神社(もろきじんじゃ)は神社由緒では町内で最も古く四世紀のはじめ仁賢天皇十二年に創祀したといわれる。

今では諸木と書くが古い中世の記録では「諸祇」となっており、もろもろの神つまり多くの神様が、あつられている神社ということになる。

この神社の一角には室町時代の作風をそのままのこしあ文部省指定の重要美術品燈籠が美しい均整の取れた姿で立っている。

日野観光協会・西桜谷公民館』


神社の雰囲気は地域によって其々特徴があります。

滋賀県の神社の由緒を読むと創始の時期が古いことに驚かされます。

西暦の数百年代がざらに出てくるという事はそれだけ古い時代から人々が住み着いていたという事です、

琵琶湖の恵みで済みやすかったのでしょうか。

水稲作りには適していたのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【滋賀県蒲生郡 神社一覧】