(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年10月15日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市荒木 六地蔵〔摩崖仏〕


三重県伊賀市荒木にある「六地蔵(ろくじぞう)〔摩崖仏〕」です。

松阪市中林の「月本の追分」と伊賀市上野間の「伊賀街道」の経路を見ていると「伊賀市荒木‐中ノ瀬」間に石仏〔摩崖仏〕があることに気付きました。

服部川を挟んで国道163号線沿いの崖にある「中ノ瀬石仏」を訪問した時に対岸に道があるはずだと思っていたのですが、資料を探すと数多くの石仏〔摩崖仏〕があることに気付きました。

訪問したいと思っていたのですが、なかなか時間が取れませんでした。

漸く訪問のチャンスが訪れたので同地に鎮座する須智荒木神社(すちあらきじんじゃ)の再訪問参拝を兼ねて散策しました。

六月初旬で日差しも強かったのですが、「荒木石の石きり場」を過ぎたあたりから樹木に覆われた街道は意外と歩きやすく私好みの石仏が全て摩崖仏であったので大感激です。

この「六地蔵(ろくじぞう)摩崖仏」は、パンフレットに記載がなく、現地でも表示もありませんでした。

じっくりと岩を観察しなければ気付かない、かなり高い位置にある岩肌に彫られています。

いやはやとんでもない数の摩崖仏があるようです。

パンフレット説明書きによると江戸末期から明治時代に彫られたような記述がありましたが、銘や年号が彫られていれば推測はできますが、別の時代に彫ることもできますので確定的な証拠では無さそうです。

『磨崖仏は奈良時代後期~鎌倉・室町~江戸時代初期頃に作られています。』という文言も見つけましたが、特定地域の摩崖仏の事でしょうか。どうなのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【伊賀街道周辺の史跡・寺社仏閣 一覧】


関連情報レポートリンク