(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年02月05日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市外山 諏訪神社


三重県伊賀市外山に鎮座する「諏訪神社(すわじんじゃ)」です。

福仙寺(ふくせんじ)の訪問時に地形図の地図記号に気付いてアクセス経路を探したのですが全く分かりませんでした。

それからも何度も訪問したのですが、手掛かりすら見つけることが出来ませんでした。

ようやく鳥居を発見し参道と思える山道を登っていくと小祠があり「庚申(こうしん)碑」が奉られていました。

そこから暫く登っても神社の気配すらなく、もう引き返そうかと思ったときに石標があり「諏訪神社(すわじんじゃ)諏訪公園(すわこうえん)」と彫ってあり「←」があったので更に登っていくことになりました。

鳥居が見えて上り詰めた所は尾根筋が平らに整地されていていくつかの祠と覆い屋が見えて来ました。

境内では殆ど誰も参拝に来ないのでしょうか、アナグマがお腹を見せて日光浴をしていたのですが、私に気付いたのかアタフタと並んでいる神祠の裏へ逃げていきました。

神祠が並んでいて参道入り口から最も離れた奥に鳥居と少し大きな神祠がありました。

覆い屋の中には左方には「建都名方命(たけみなかたのみこと)軻遇突智命(かぐつちのみこと)」と祭神が石標に彫られています。

覆い屋外には「正一位 諏訪大明神(すわだいみょういじん)舊跡」と彫られています。

覆い屋の裏側には大岩があり、磐座(いわくら)として祀られているようです。

境内にはもっと大きな大岩が山側の谷にあるようですが、下に降りなかったので全容は解りませんでした。

それにしてもこの位置に鎮座させるのは大変だったと思います。

少しばかり小さな祠がそれぞれ覆い屋の下に祀られています。

磐座(いわくら)に近い所から「大鷺鷯命(おおさぎきのみこと)須佐之男命(すさのをのみこと)」が鎮座し、次いで「金山比古命(かなやまひこのみこと)」が祠脇の石標に刻まれて鎮座しています。

最後の祠には自然石に「山神(やまのかみ)」と彫られています。

ここまで様々な資材をもって登ってくるのは大変でしょう。

もっと険しい所にも鎮座していることが少なくありませんので、人のすることには驚かされます。

地形図を確認すると確かに位置的な関係は間違いないような気がしましたが、全く私の想定外の位置なので、五度目の訪問で漸くたどり着きました。

国土地理院の地形図はかなり正確なのです が、鳥居の地図記号で位置を特定するのは難しいことが少なくありませんが、山中の寺社仏閣史跡に辿り着く道が表示されている場合が多いので頼りになります。

参拝を終えて「諏訪公園(すわこうえん)」ってどこだろうと思い出しました。

この境内が行き止まりのようなのですが、分かれ道があったという記憶はありませんでした。

次回ですね。

参道入り口を探していて、摩崖仏(まがいぶつ)と出会ったことが嬉しい事でした。。


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕