(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2021年09月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

津市雲出島貫町 開運毘沙門天王霊場


三重県津市雲出島貫町にある「開運毘沙門天王(びしゃもんてんのう)霊場」です。

旧伊勢街道を南へ進んできました。

手前の信号を曲がらないといけなかったようですが、初訪問の地理不案内でそのまま雲出川の堤防まで来てしまいました。

川を挟んで旧伊勢街道が続いているので渡し場か橋が架かっていたのでしょうか。

堤防を登りかけると何やら石像が並んでいるように見えました。

石標が立っていて「三十三所観世音分身安置 開運毘沙門天王霊場 由来日本三泰隋一北畠大納言守護尊」と彫られています。

石仏が小さな覆い屋根の下に安置されています。

様々な場所で見かける景色です。

私にとっては摩訶不思議な霊場です。

毎度のことですが、祀られているのは三十三所の観世音菩薩なのに毘沙門天王霊場とは「これいかに」となります。

安置されているのが「地蔵菩薩」なのに「穴薬師」というのもありました。

仏教では神の存在はないと思い込んでいましたが、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の過程で神祠を祀って廃寺を逃れたというお話を住職さんに聞かされたこともあります。

様々な要因があるとは思うのですが、それぞれの仏様が混同されている理由は私には理解出来ません。

それでも手を合わせて日々の生活の安寧のお礼を述べることには問題はなさそうです。

信仰とはそういうものなのでしょうか。

因みに私は怠りカトリック信者です。


関連情報レポートリンク

【津市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院