(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2020年07月29日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市阿保 浄土宗 高原山 慈福寺


三重県伊賀市阿保にある「浄土宗 高原山 慈福寺(じふくじ)」です。

本尊は「阿弥陀如来(あみだにょらい)」でしょうか。

この地にお寺があることにはまったく気づいていませんでした。

私は朱印を集めていませんが聖地巡礼の残りを見ていてあれっと思い、訪問参拝することになりました。


おせいき地蔵の由来

本堂に鎮座まします、お地蔵さまは、大正初期まで、阿保西法花寺、城川沿いの磐座の上に鎮座ましまし、町内は申すに及ばず、参宮街道であったため、お伊勢参りの方々も、人間元の神(地蔵)として、病気平穏・無病息災・小授け・生産向上・商売繁盛等霊験あらたかな地蔵尊として崇敬を集めていたが、度重なる洪水のため度々流出ぢ、尚道路拡幅、嵩上げ、河川改良により現在地に女陰地蔵尊、一体のみお移りになり、男根地蔵尊の行方は定かでなかったが、この度下流より現れ出られ、長らく御待ちになった女陰地蔵尊と約八十年ぶりに合祀したものである。

平成四年八月二十四日

おせいき地蔵尊奉賛会』

※ 境内掲示より


堂内にあるのが「女陰地蔵尊」で無縁仏の一角にあるのが「男根地蔵尊」ではないかと思うのですが、はっきりとしません。

参拝当日は嬉しいことがありましたので、お礼を述べているのが伝わったということでしょうか。

近くには安養寺(あんようじ)もあります。


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク