(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2020年07月15日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市下柘植 霊山頂〔三角点〕


三重県伊賀市下柘植にある「霊山頂(れいざんちょう)」です。

以前に訪問参拝した霊山寺(れいざんじ)に山頂部に寺院跡があるということでしたので楽しみにしていました。

三角点脇の板には「766m」と記されています。

山頂部脇に少しばかり窪んだ地形になっていて


霊山頂(れいざんちょう)

霊山(れいざん)(奥の院金仏)昭和十六年九月二十六日 県史跡指定(標高 766米)

この寺は寺伝によると伝教大師(最澄)の創建で、その後年を経て天正九年(1581)伊賀乱の兵火の為に焼き払われたと伝えられる。

石室に安置の聖観音立像は延宝三年(1675)津住、但馬弥四郎藤原秀種の作、青銅製の仏像で、御身丈 112cmで霊山寺中興開山萬桟和尚の発起によるものである。

又、その台石(元、宝塔の台石)の側面に永仁三乙未年(1295)五月十日平氏泰清外、数名の名が刻まれている。

経塚の発見によって出土した遺物

柘植歴史資料館には代表的な平安和鏡や、当時の輸入陶器、刀剣、壺等、平安末期から鎌倉時代のものであることが確認されている。

尚、登山道の途中には唐戸岩、金鶏の鳴く谷、太鼓岩、桜地蔵等ふるさとの秘話を伝えている。』

※ 境内掲示より


霊山(れいざん)山頂遺跡と眺めの良い風が良く通る涼しさに魅了されました。

それにしてもこの山麓に寺院跡など想像も出来ません。

虎口のようになっている部分からは階段が下の方に向かって続いています。

寺院跡があるということですが、山頂部は風が吹いて涼しいのですがカンカン照りなので次回訪問に期待したいと思います。