(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2020年04月21日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市下柘植 霊山山頂遺跡


三重県伊賀市下柘植にある「霊山(れいざん)山頂遺跡」です。

以前に訪問参拝した霊山寺(れいざんじ)に山頂部に寺院跡があるということでしたので楽しみにしていました。

掲示されている説明書きをよく見ると階段を下って行くと寺院跡があるようですが、実際に確認できるのかどうか不明でしたので今回は行きませんでした。


『県指定史跡

霊山(れいざん)山頂遺跡

伝教大師(最澄・天台宗)が嵯峨天皇の勅願により、弘仁年中(810 - 823)国家鎮護のため山頂に、大伽藍を創建されたもので、山の姿がインドの霊鷲山によく似ていることからこの名が付けられたと伝えられる。

昭和六十年から平成元年の五年間、山頂付近全域の踏査および三号地の発掘調査によって、山頂が平安時代から江戸時代にかけて一大寺院跡であったことが確認された。

三号地は幾度も繰り返された最後の整地面で、建物跡の基礎石は、墓地の五輪塔の地輪を転用したものであり、遺物などから、中世から近世初めにわたる寺院跡であることがわかった。

伊賀市教育委員会』

※ 境内掲示より


霊山頂〔三角点〕と眺めの良い風が良く通る涼しさに魅了されました。

それにしてもこの山麓に寺院跡など想像も出来ません。