(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2020年03月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市島ヶ原 関所跡


三重県賀市島ヶ原にある「関所跡(せきしょあと)」です。

二本杭(にほんぐい)から東へ進むとこの説明書きに辿り着きました。

「大和街道」と掘られた石標も立っています。

月ヶ瀬口の駅からは木津川沿いではなく山中に入ってきたのですね。


関所跡記

ここ大和街道は江戸時代には加太越奈良道と呼ばれ、現亀山市関の西の追分で東海道から分岐し、加太越を越え、伊賀國島ヶ原宿に入り山城國加茂宿を経て奈良に出、さらに生駒山を越え、河内に至る道が大和街道である。

この大和街道に文久年間(1861 - 1864)藤堂藩が関所を設けて、番兵を配置したその跡である。

ここよりやや右に進むと北向きの不動明王(ふどうみょうおう)を祀ってある。

関門大師(かんもんだいし)(旧関所跡)大和街道奈良笠置鍵屋え辻伊勢ニ至ル」と刻まれた石碑が立てられてある。

その右側の館に関門大師(かんもんだいし)が祀られてあり、その前の道をはさみ北側に石観音堂「十九夜観音(じゅうくやかんのん)」十一面観音石仏を祀ってあり、明和二年(1765)銘がある。

その向かいには、八幡宮(はちまんぐう)遥拝所(ようはいしょ)の碑があり、明治四十一年この地にあった八幡宮(はちまんぐう)鵜宮神社(うのみやじんじゃ)に合祀した際、この位置から遥拝すれば一番良いとして、ここへ碑が立てられた。

この地区の信仰の中心になっている。

ここより西下約五百米進むと二本杭(にほんぐい)がある。

「従是西山城國」「従是東伊賀國」と書かれた二本の杭が立っている。

ここが伊賀山城國境である。

平成十七年度

三重県伊賀らしい風情形成事業

三重県伊賀市島ヶ原観光協会』

※ 境内掲示より


車で通れるかと思ってきたのですが、様々な史跡などがあり嬉しい訪問参拝になりました。