(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2019年01月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市上野寺町 浄土宗 光明山 摂取院 念佛寺


三重県伊賀市上野寺町にある「浄土宗 光明山 摂取院 念佛寺(ねんぶつじ)公式HP〕」です。

寺院七ヶ寺が並ぶ寺町案内』で紹介されている寺町にあるお寺です。

向かい合って浄土宗のお寺で大超寺(だいちょうじ)があります。


『国・重要文化財(彫刻)

木造(もくぞう)阿弥陀如来(あみだにょらい)坐像(ざぞう) 一躰

当寺本尊 平安時代後期

仏像の基本寸法である丈六(立像で一丈六尺、坐像で八尺)の半分、すなわち半丈六像である。

当時の京都で流行した穏やかな作風(定朝様)を基調としながらも、厳しさをも合わせ持つ。

堂々とした量感や明瞭で力強い衣の(しわ)など、新しい時代を予感させるものがある。

台座、後背は後補。

念佛寺(ねんぶつじ)には他に、三重県指定有形文化財(書跡)「紙本(しほん)墨書(ぼくしょ)末代(まつだい)念佛授手印(ねんぶつじゅしゅいん)」がある。

伊賀市教育委員会』

※ 境内掲示より



念佛寺(ねんぶつじ) (浄土宗)

江戸時代初期、寛永のころ順誉上人が開かれたといわれる浄土宗の寺院。

お念仏の元祖法然上人の教えを頂いて「社会に慈しみを」「家庭にみ佛の光を」を宣言し、人類の恒久平和を願っていくことを目的としております。

国指定文化財 木造(もくぞう)阿弥陀如来(あみだにょらい)坐像(ざぞう)

県指定文化財 紙本(しほん)墨書(ぼくしょ)末代(まつだい)念佛授手印(ねんぶつじゅしゅいん)巻』

※ 境内掲示より

この場所で最南端にあたり、「茅町駅」には最も近い場所になります。


色々な史跡などがありそうです。

楽しみです。


関連情報レポートリンク