(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2019年10月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

名張市平尾 高野山真言宗 月照山 蓮光院 宝蔵寺


三重県名張市平尾にある「高野山真言宗 月照山 蓮光院 宝蔵寺(ほうぞうじ)」です。

このお寺は越してきてすぐに参拝していて、写真が見つからなかったので再度参拝したのにレポートが遅れていました。

整理がついてきてレポートができていないの気付いて写真が見当たらないことに気付きました。

三度目の参拝で写真はなくならないようにすぐに実行しています。


袈裟(けさ)斬り地蔵 由来

江戸時代中期の享保の頃、藤堂藩邸に接する平尾村に夜な夜な大男の化け物が現れるをいう噂がたち、村人は(おび)えた暮しを続けていた。

これを聞いた家臣の中村新右衛門は、ある夜、この化け物を一太刀で倒したが、遺骸(いがい)は確認できなかった。

翌朝、宝蔵寺(ほうぞうじ)前の辻にあった地蔵が袈裟(けさ)掛けに真っ二つに割れて倒れているのを村人がみつけ大騒ぎになった。

その時、快岳(かいがく)和尚(宝蔵寺(ほうぞうじ)第四世住職)は、無残に斬られた地蔵を子安堂に安置し(ねんご)ろに(まつ)って以後、村には異変が起こらなくなったという。

その後、中村新右衛門の刀は「地蔵丸(じぞうまる)」と名づけられ、山添村遅瀬の八王子神社(はちおうじじんじゃ)(現在は八柱神社(やはしらじんじゃ))に奉納され、今に伝わっている。』

※ 境内掲示より


何となくですが賑やかに感じていたのですが、多数の方が何やら集まってされています。

昨今では「写経」や「写仏」なるものが流行っているらしくそういうことでしょうか。

比叡山延暦寺で写経をしたことがあるのですが、足の関節が昔の捻挫の影響か伸びないので、正座や足ヒレをつけて泳げません。

正座ができなくなっています。

それを指摘されていらい「写経」をする気がなくなりました。

何かのご縁でしょうね。

三度も訪問参拝できました。

有り難いことです。


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク

【伊賀四国八十八箇所霊場一覧】


関連情報レポートリンク

【三重四国八十八箇所霊場一覧】


関連情報レポートリンク

【室尾山八十八箇所霊場一覧】《※ 確認中》


関連情報レポートリンク

【名張市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院