(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2019年08月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市上野新町 藤高稲荷神社


三重県伊賀市上野新町に鎮座する「藤高稲荷神社(ふじたかいなりじんじゃ)」です。

藤高大神(ふじたかおおかみ)という看板が地面に落ちていました。

由緒碑があるのですが、誰も参拝すらしていないのでしょうか。

信仰の継続には忍耐とお金が必要なのでしょうか。


藤高神社(ふじたかじんじゃ)由緒の碑

祭神 倉稲魂神

醍醐天皇の延喜元年正月右大臣菅原道真公大宰●●として

筑紫に赴くに方●山城国伏見の正一位稲荷大明神の御分霊を奉じて守護神として大宰府の天神山に創祀

後大和国●●●春日大社(かすがたいしゃ)内に合祀後亀山天皇の元中元年には伊賀国●●●壬生郷、春日宮大和国吉野郡下市の常盤宮を経て、正親町天皇の天正年間、伊賀国阿拝郡上野邑新町の聖地に鎮座せられる

此の際奈良の春日大社(かすがたいしゃ)より藤高の神号を●●せられた

以来鍛冶町及び魚町の有志十五戸相謀りて講社を営みて崇敬霊験極めて灼たかであった

越えて明治の代に●●五百年祭を祀向後は鍛冶町の田中力之助、専ら其の祭祀を堂ら

茲に伊賀国奉斎以来星霜五百八十年を迎えるに當り、大神に建てて其の由来を明らかにする

昭和三十九年四月十一日

當主 田中利喜松』

※ 境内掲示より (●は判読困難文字)


伊賀市の中でも人口の多い地域であると思うのですが残念です。


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕