(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2019年01月21日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

名張市新田 女良塚古墳


三重県名張市新田にある「女良塚古墳(じょろうづかこふん)」です。

居宅の最寄駅近くにあるのですが美旗古墳群(みはたこふんぐん)なんて越して来るまで知りませんでした。

駅前の道の突き当りにある馬塚古墳(うまつかこふん)などは、とんでもない規模の古墳だと思ってますし驚いています。

この古墳は残念ながらほぼ所在位置は解っていたのですが、いまひとつ釈然としないものがあり訪問が遅れていました。


『史跡 美旗古墳群(みはたこふんぐん)

女良塚古墳(じょろうづかこふん)

ホタテ貝に似た、大きな後円部に小さな前方部がつく前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)で全長100mあります。

墳丘(ふんきゅう)の周囲には幅約12mの周隍(しゅうこう)がめぐっています。

後円部の頂上から家型埴輪(いえがたはにわ)が見つかっています。

奈良県の乙女山古墳(おとめやまこふん)と同じ形で、殿塚古墳(とのづかこふん)につづいて五世紀前半ごろに造られました。


墳丘(ふんきゅう) 人工的に盛り上げられた丘。上から見て丸と四角が組み合わさった前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)は、地域の支配者の墓として、目立つように造られます。

周隍(しゅうこう) 墳丘のまわりの浅い空堀。水を溜めません。

家型埴輪(いえがたはにわ) 当時の家を模造した素焼きの焼き物。生前の屋敷を再現しています。

乙女山古墳(おとめやまこふん) 馬見古墳群の一つで、国内最大の帆立貝式古墳です。

御旗まちづくり協議会』

※ 境内掲示より


近鉄大阪線の向こうには毘沙門塚古墳(びしゃもんづかこふん)が見え美波多神社(みはたじんじゃ)が鎮座しています。ます。

この周辺に巨大な古墳があるということは興味深いことです。

新田水路にしても労働力が相当必要な規模です。

新田宿の程度の戸数でこのような巨大な古墳などを築造できたことが驚きでしかありません。

人のすることは驚くばかりです。


関連情報レポートリンク