(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2017年09月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

名張市黒田 真言宗醍醐派 秀山 無動寺


三重県名張市黒田にある「真言宗醍醐派 秀山 無動寺(むどうじ)」です。

勝手神社(かってじんじゃ)に参拝して以前から来ないといけないと思っていた無動寺(むどうじ)に到着しました。

ハイキングコースの途中にあるということで、山寺を想像していたのですが、全く違いました。

様々なものがあります。


『国指定重要文化財(彫刻)

木造不動明王(ふどうみょうおう)立像

この不動明王(ふどうみょうおう)立像は、本体の高さ95.5cm、頭部は巻髪で(びん)は長く垂れている。

眼は木造で目じりが細くつり上がり。怒りを表し、左手は下方に伸ばし(さく)を持ち、右手は曲げて腰に当て宝剣を垂直に立てて握っている。

左肩から斜に袈裟(けさ)をかけ、腰には衣をつけている。

全身に彩色を施してあったらしいが、今はほとんどはげ落ち、衣の間に少し文様が残っているにすぎない。

台座は蹴込み付方座で角に金物をつけ、その上に台座を取り付けてある。

平安時代後期の作とされた美術史上価値ある彫刻である。

本体の後ろに立つ炎の木彫と台座は、後の世に造られたもので、現在当寺の本尊としてまつられている。

市指定重要文化財(絵画)

阿弥陀如来(あみだにょらい)来迎図

この阿弥陀如来(あみだにょらい)来迎図は、絹地に極彩色で中央に阿弥陀如来(あみだにょらい)、向かって左に地蔵菩薩(じぞうぼさつ)、左に不動明王(ふどうみょうおう)を描いた来迎図で画面に縦1.27m、横69.7cmである。

寺伝では恵心僧都の筆と伝えられているが明らかではない。

名張市教育委員会

無動寺(むどうじ)

※ 境内掲示より


また来ます。


関連情報レポートリンク

【伊賀四国八十八箇所霊場一覧】


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク

【三重四国八十八箇所霊場一覧】


関連情報レポートリンク

【室尾山八十八箇所霊場一覧】《※ 確認中》


関連情報レポートリンク

【名張市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院