(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2017年05月16日】

reporter 100円/day LINK100サービス〔4URL & 20,000ページからのリンク〕 の案内です。
社会貢献活動 ふるさと応援行動(Hometown assistance action)
xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市寺田 岡山遊園案内図


三重県伊賀市寺田にある「岡山遊園(おかやまゆうえん)案内図」です。

以前に訪問した国道163号線沿いにある中ノ瀬石仏(なかのせせきぶつ)の説明文の中で、『背面の山の上の大光寺(だいこうじ)が管理している。』とあったので、訪問してみようとやってきました。

事前に調べたのですが、毘沙門寺(びしゃもんじ)から行者堂(ぎょうじゃどう)以上の参道は徒歩になるようです。

今日は風が冷たい強くて時間がないので、もう少し気候が良くなったら再訪問することにします。



『上野市指定文化財

岡山の石仏(北向地蔵)

高さ140cm、幅350cm、奥行240cmの花崗岩(かこうがん)の自然石に、縦70cm、横136cmの枠を掘り込み、その中に像高36cm、台座の高さ24cm、総高60cmの三体地蔵尊(じぞうそん)を浮彫としています。南北朝時代の作とみられ、大光寺(だいこうじ)参道脇に北向きに所在するため北向地蔵と呼ばれています。』


天狗の遊び石

その昔、伊賀国の殿様が亡くなった時、重臣たちは立派なお墓をつくろうと、四方八方を尽して石探しをした。その時、この岡山の石が選ばれたが、多くの人夫を使って運搬の途中、にわかに雷鳴をとどかす大雨が降った。その日はやむなく作業を中止し、翌朝雨がやんだので現地に行ってみると、何と運んできた筈の石が姿を消していた。石はいつの間にか元の岡山へ戻っていたので、これはきっと、普段この石を遊び道具に使っていた天狗が、大雨を降らせて取り返したのだと、里人がうわさをしたそうな。』


山頂部に「岡山遊園地」とあるのですが、興味が湧いてきました。

私の期待に沿えるのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【地域名所案内図(マップ)】