(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2017年04月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市喰代 曹洞宗 青雲寺


三重県伊賀市喰代にある「曹洞宗 青雲寺(せいうんじ)」です。

道標に「百地砦(ももちとりで)」とあったのでやってきたのですが、此の地には他にも「曹洞宗 青雲寺(せいうんじ)」と「浄土真宗本願寺派 正光寺(しょうこうじ)」と三つもお寺があります。

そんなに大きな集落ではないのですが、少しばかり不思議です。

百地砦(ももちとりで)には、式部塚(しきぶづか)もあります。

百地氏城跡周辺案内図」は、興味深い内容です。

曹洞宗 青雲寺(せいうんじ)は、百地氏の居宅後で、竜口にもあったということで、地図に記載されているので訪問したのですが、行ってみて辿り着けずに後で調べると「非公開」ということで、意味がよく理解できませんでした。

織田信長の伊賀攻めについては、不思議でならなかったのですが、有名な伊賀と甲賀の忍者の集団が、信長の戦略上、邪魔になったということなのでしょうか。

伊賀や甲賀の地は。京都や奈良や大阪などからお伊勢さんに参宮の経路でかなり裕福であったということなのでしょうか。

いずれにしろ無住になった寺院が檀家によって維持されていることは、驚くばかりなのですが、信仰篤い檀家が居られてこそということでしょう。