(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年07月12日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

津市美里町北長野 長野神社


三重県津市美里町北長野に鎮座する「長野神社(ながのじんじゃ)」です。

初見参でいつかは来るだろうと思っていたのですが「グリーンロード」を北上して来て国道163号線にやっとたどり着いて、これで家に戻れると伊賀方向に戻る途中で「伊賀街道の長野宿」の石標や案内板を見ていて、この長野神社(ながのじんじゃ)が鎮座していたことを思い出しました。

国道163号線で津を訪問する時に参拝しようと思っていたのですが、半分道に迷うような状況での訪問になりました。

幸運であると思います。


御由緒

御祭神

 大日霊貴命(おおひるなむちのみこと)  神明神社(北長野、当地)

 麻桑枝太命(まぐわしおおのみこと)  安濃国造社(北長野・神明神社境内社より合祀)

 長野祐房命(ながのすけふさのみこと)  別名 細野大明神・細野神社(神明神社境内社)より

 速玉之男命(ながのすけふさのみこと)  熊野社(北長野)より

 火之迦具土命(ほのがぐつちのみこと)  熊野社(北長野)より

 宇迦御魂命(うがのみたまのみこと)  稲荷社(北長野の邸神)より

 應神天皇(おうじんてんのう)  八幡神社(平木・北長野)より

 天児屋根命(あめのこやねのみこと)  春日社(北長野)より

 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)  須賀神社(平木・北長野・桂畑)より

 手力男命(たぢからおのみこと)  諏訪神社(北長野)より

 長野祐高命(ながのすけたかのみこと)  別名 立岩大明神・立岩神社(南長野)、奥出神社(桂畑)より

 大山祇命(おおやまずみのみこと)  山神社(南長野)より

 長野祐冬命(ながのすけふゆのみこと)  別名 三船大明神・三船神社(平木)より

 木花佐久夜比賣命(このはなさくやひめのみこと)  浅間社(南長野)より

 八衛比古命(やちまたひこのみこと)  山の神祠(長野地区各地)より十五座

 八衛比賣命(やちまたひめのみこと)  山の神祠(長野地区各地)より十五座

沿革

当社は、明治四十一年十一月、南長野、北長野、平木、桂畑の四区に鎮座の大小三十五祠の御祭神を神明神社(しんめいじんじゃ)に合祀して、「長野神社(ながのじんじゃ)」と単称したもので、社殿・境内が整備されて今の姿になったのは大正六年のことである。

安濃国造の祖や、当地の地頭であった長野氏十六代のうち、三柱を御祭神としていることは当神社の特色とも言うべく、境内社「英霊顕彰殿」の御祭神百二十八柱とともに、郷土「長野」のかけがいのない守護神である。

長野神社(ながのじんじゃ)

※ 境内掲示より


長野の集落の山麓の上方に鎮座しています。

村落を抜けると如何にも社叢(しゃそう)というこんもりと樹木の茂った一角が目に入って来ました。

それにしても上の方に延びる棚田は壮観です。

小さな棚田が続いているのは、景観としては良いのでしょうが、作業効率などを考慮すると良くないんじゃないかと思うのですが、ここの棚田は一枚の面積がありそうです。

私には心地良い景色です。


関連情報レポートリンク

【伊賀街道周辺の史跡・寺社仏閣 一覧】


関連情報レポートリンク

【津市 神社一覧】