(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年04月06日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

津市久居寺町 浄土宗 見上山 光月院 天然寺


三重県津市久居寺町にある「浄土宗 見上山 光月院 天然寺(てんねんじ)公式HP〕」です。

高速道路で通ったことはありますが、生まれて初めてこの周辺を訪問しました。

渋滞の道路を避けて交差点を曲がって直ぐにこのお寺に参詣することができました。

なかなか興味深いお寺です。

公式HPによると『第29世専誉上人の発願により、昭和12年(1937)に落慶しました。』という事ですが、立派なものです。

『天保3年(1832)(久居大火のあった翌年)檀信徒協力一時的仮建築をなし 次期を得て本建築をなさん計画なりしに時恰も明治維新となり 廃藩と同時に檀家の多くは四方に離散し 仮建築の営繕すら困難の場合となり従って住職も明治五年より大正元年に至る40ヶ年に9代の更迭を見るに至れり 爾来小営繕は時々行い来りしも元来仮建築なり 且つ悉皆松材なりし為害虫の犯すところなり 今や修繕を重ねること能はざる状態となれり』と記されていますが、大火で消失したという事のようです。

お寺詣りは、神社と違ってどのような所作が良いのか知識が無いので困ってしまいます。


宝篋印塔(ほうきょういんとう)

この塔は、一切如来心秘密全身舎利宝篋印陀羅尼経(いっさいにょらいしんひみつぜんしんしゃりほうきょういんだらにきょう)という、功徳の高いお経が納められています。』

※ 境内掲示より


公式HPに更に詳しい内容があります。

なかなか立派な宝篋印塔(ほうきょういんとう)です。

地蔵堂にはなかなか風情のある地蔵さまがおられました。

公式HPによると『お地蔵さん(地蔵菩薩)は、釈尊入滅から弥勒菩薩が五十六億七千万年の後に成道するまでの無仏の時代に、比丘形(びくぎょう:修行僧の姿)をあらわして六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天界)の衆生を教化救済する菩薩です。同じ地蔵菩薩ですが、その縁起や霊験などによって延命、厄除、子育、子安、雨降、雨止など種類は百種類を超えると言われています。』

なかなか興味深い事を教えて頂ける情報です。

地蔵堂には「願かけ石」があります。


願かけ石

このお石は「願かけ石」です。

「なで石」ではありません。

みだりに、台よりお石を動かさぬようにしてください。

よく祈願され、願い事がかなう時はお石は軽く上がり、かなわぬ時は重く感じられるとされているます。

祈願される時は必ず上にあがり、正座して一心に御祈願ください。

不遜にならぬよう、御配慮ください。

平成六年一月一日

天然寺 管理者

お石の下に、お賽銭を入れないでください。

平成二十年一月一日 ●●』

※ 境内掲示より


私が人生で初めてこのような石に出会ったのは、大阪市城東区今福南の今福行者尊(いまふくぎょうじゃそん)(大聖不動明王・高祖神大変大菩薩)の「なで石」で、『心の持ちようで、なでると軽くなり、たたくと重くなる。南無神変大菩薩(じんぺんだいぼさつ)』と書かれていました。

私は暗示に掛かりやすいのでしょうか、書いてある通りでした。

京都市伏見区深草薮之内町に鎮座する伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)にも有りましたし、大阪市住吉区墨江に鎮座する大歳神社(おおとしじんじゃ)〔住吉大社・境外末社〕では『おもかる石」(おぼっさん)』となっていました。

大体は同じ内容ですが、呼び名は異なるようです。


関連情報レポートリンク

【津市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院