(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年03月08日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市丸柱 了源上人遭難の地


三重県伊賀市丸柱にある「了源上人(りょうげんしょうにん)遭難の地〔了源上人(りょうげんしょうにん)殉難(じゅんなん)の地〕」です。

滋賀県甲賀市信楽町神山と三重県伊賀市丸柱の境になる七里峠(桜峠)になっていて、駐車場が滋賀県側にありそこから山道を少しばかり下ったところになります。

この場所は初めて通って気付いていたのですが、何となく通り過ぎていました。

何処かでこの話を耳にした記憶があるのですが思い出されません。


了源上人(りょうげんしょうにん)遭難の地

伊賀市指定文化財

建武二年(1335)の十二月八日、京都仏光寺(ぶっこうじ)了源上人(りょうげんしょうにん)が伊賀地方布教の帰途、この七里峠(桜峠)において、弟子の善了(ぜんりょう)と共に殺害された場所で、

上人は死に臨み「我の死は宿業なり、此の者を罪するな、彼は懺悔の心あり、よろしく後世を教えよ」

と書き終え亡くなったという。

遺骸は上野市佐那具の了源寺(りょうげんじ)に葬られている。

伊賀市教育委員会』

※ 境内掲示より



了源上人(りょうげんしょうにん)殉難(じゅんなん)の地

了源上人(りょうげんしょうにん)真宗佛光寺(ぶっこうじ)第七代の宗主にして

親鸞聖人(しんらんしょうにん)の念仏のみ教えを関東より東海・関西に広められ

建武二年(1335)十二月八日、ここ七里峠(桜峠)にて、法難に遭われた

碑文は流れる血汐でもって、わが衣の袖に書かれた遺戒である』

※ 境内掲示より


往古にはこのような道を使って行き交っていたという事が良く解ります。

大変な事であると思います。

先人の凄さに感嘆してしまいます。