(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年02月06日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

名張市西田原 咸天狗〔鬼子母神〕


三重県名張市西田原に鎮座する「咸天狗(かんてんぐ)鬼子母神(きしぼじん))」です。

春日神社(かすがじんじゃ)を訪問した際に、境内に掲示されている由緒記にも書かれていましたし、国道368号線のトンネルの入り口に「咸天狗(かんてんぐ)」と看板があります。

地元の人にも「咸天(かんてん)さん」があると教えてもらっていたのですが、なかなか実際に訪問する機会を作ることが出来ませんでした。

軽四であれば車で辿り着けますが気を付けてください。

咸天狗(かんてんぐ)」は、「子どもの神さま」らしいのですが、私には詳細は不明です。

鬼子母神(きしぼじん)」は子供の時に読んだ本に載っていた記憶が有るのですが、正しくは「鬼子母神(きしもじん/きしもしん)」と読むらしいのですが、自分の『子を育てるだけの栄養をつけるために人間の子を捕えて食べてしまっていた。そのため多くの人間から恐れ憎まれていた。』ということですが、釈迦(しゃか)に諭されて『仏法の守護神となり、また、子供と安産の守り神となった。盗難除けの守護ともされる。』ようになったということです。

成程、私は完全にストーリーは記憶していなかったのですが、人の子を栄養としているという事は「人」ではなかったということなのですね。

約六十年近く経過して知ることになりました。

嬉しいですね。


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕


関連情報レポートリンク

【地域名所案内図(マップ)】