(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年12月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市阿保 大村神社


三重県伊賀市阿保に鎮座する「大村神社(おおむらじんじゃ)」です。

速い時期に訪問していましたが、写真の整理をするのに失敗して見つけるのに苦労しました。

それにしても「地震除けの神様」という事ですが、先日訪問した名張市下比奈知に鎮座する名居神社(ないじんじゃ)も「日本書紀の地震の神が祭られた」の一社ではないかという事ですが同様なのでしょうか。


『延喜式内

大村神社(おおむらじんじゃ)

御祭神

 主神

 大村の神

 配拝神

 武 槌神

 径津主神

 天児屋根命(あめのこやねのみこと)

 合祀神

 応神天皇 大日霊貴命 天押雲命 市杵島比売命

 大物主命 大山祇命 事代主命(ことしろぬしのみこと) 火之迦具土命

 健速須佐之男命 多岐里毘売命 狭依毘売命

 多津律比売命 水波能売命 宇迦能御魄命

 速玉男命 月夜見命 稲田姫命

御由緒

当社は延喜式神名帳所蔵の古社で、御祭神、大村の神は第十一代垂仁天皇の皇子(息速別命)で、伊勢神宮を奉鎮せられた倭姫命の弟君にあたる。

社域は宮宝の築かれたところで命及び御子孫が代々居住し、大和文化の移入、土地、産業の開発に尽くされ、伊賀南部一帯の総社として広く崇敬をあつめている。

拝殿奉祀の武甕槌神・経津主神(ふつぬしのかみ)は神護景雲元年に常陸下総国より三笠山遷幸の途次に奉斎。

共に奉斎された要石は土地の鎮め地震除災の信仰を集めている。

例祭

十一月二日(宵宮)

十一月三日』

※ 境内掲示より



『(国指定)重要文化財

大村神社宝殿

天正十五年(1587)再建の元本殿である。

一間社入母屋造、妻入、檜皮葺、向拝一間の社殿で春日造に近い。

本組みは簡素ながら形状がよく整い、彫刻は桃山時代の建築備の特徴を良く現し、彩色は江戸時代初期のものである。

昭和三十年(解体修理)と平成八年(彩色復元)に大修理を行った。

指定

(特別保護建造物)大正九年四月十五日

(国宝)昭和四年七月一日

(重要文化財)昭和二十五年八月二十九日

伊賀市教育委員会』

※ 境内掲示より



大村神社(おおむらじんじゃ)

延喜式神名帳に記載の古社。

境内には地震守護の「要石」を奉斎。

又、国重要文化財「宝殿」と日本三大奇鐘「虫食鐘」がある』

※ 伊賀 神社参拝案内図より


他にも紹介したいものが数多く在ります。

スカウトの団もあるようですが、ここに集まって来るのは大変そうですね。

土地勘もなかったので山奥にあると感じていたのですが、周辺が解って来るとそうでもなさそうです。

駅までは少しばかり距離がありそうですが、この付近ではどうってことの無い距離だと思うようになってきました。

伊賀市・名張市の神社は殆ど回ることが出来たので後はレポート整理に邁進することになります。


関連情報レポートリンク

【初瀬街道周辺の史跡・寺社仏閣 一覧】

〔別名:青山越初瀬街道・阿保越初瀬街道・参宮表街道・参宮北街道〕


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕