(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年11月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市奥鹿野 金比羅宮


三重県伊賀市奥鹿野に鎮座する「金比羅宮(こんぴらぐう)」です。

伊賀市福川に鎮座する八柱神社(やはしらじんじゃ)から伊賀市奥鹿野に鎮座する八柱神社(やはしらじんじゃ)を目標に来たのですが、柏尾川に下り出したところで古びた階段と手すりがあるのに気が付いたのですが怪しいなと思いながら一度通り過ぎて八柱神社x(やはしらじんじゃ)に参拝してから戻って来ました。

鳥居が見えましたのでやはり神社の入口でした。

この道路から本殿までの参道を登り詰めたところまでは、相当な標高差がありそうです。

七曲りと表現すればよいのでしょうか。

道の脇には石灯籠や石標など結構な重量のある石造物が結構な数あります。

毎度のことながら、こんな重機も入らないような場所に、石灯籠や石碑などを担ぎ上げたなと感心してしまいます、

石造りの本殿と狛犬が印象的であるのですが、一角に一際大きな石標が立っています。

石標には、「高松宮宣仁親王殿下御野立所〔参考HP〕」と彫られています。

そう言えば参道の柱に朽ちてしまっていますが、展望施設のようなものの残骸もありました。

ネットで調べると旧青山町の発行していた「あおやま風土記」に『昭和41年(1966)に、高松宮宣仁(のぶひと)親王殿下がおいでになり、この金比羅さんに登られてご休憩され、当時の矢持村長関田義臣氏から活郷(かつごう=村おこし)の説明をお聞きになった。』とあります。

展望台のような朽ち果てたものは、なんと五十年も前のことだったのですね。

納得しました。


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕