(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年09月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

名張市下比奈知 名居神社


三重県名張市下比奈知に鎮座する「名居神社(ないじんじゃ)」です。

この神社は、越してきてかなり早い時期に通りかかったのですが、旧村の集落の中の細い道ですが、上部に住宅地があるために結構な交通量があり、うまく駐車場に辿り着けなくて訪問が先送りになっていました。

伊賀地方の地震の神様という事ですが、伊賀市阿保鎮座の大村神社(おおむらじんじゃ)も地震の神様であったような記憶があります。

「伊賀まちかど博物館」と「永福寺(えいふくじ)」が境内地の周辺にあります。


延喜式内社

名居神社(ないじんじゃ)由緒碑

「日本書紀」によれば推古七年に大和地方が中心の大地震があって諸国に地震の神が祭られた伊賀では当名居神社(ないじんじゃ)がそれであろう。

「ナイ」は地震の古語である。

江戸時代は国津大明神(くにつだいみょうじん)と称し比奈知川上流に散在する国津神社(くにつじんじゃ)の総社であった。

祭神は

  大巳貴命(おおなむちのみこと)

  少彦名命(すくなひこなのみこと)

  天児屋根命(あめのこやねのみこと)

  市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)

  事代主命(ことしろぬしのみこと)

  蛭子命(ひるこのみこと)

明治四十一年には輿玉神社および境内社七社を合祀している

例祭は、現在では十一月三日である。

昭和五十九年 建立』

※ 境内掲示より


国津神社(くにつじんじゃ)の総社」という事ですので、ここに元があったという事でしょう。

巨樹があり、説明書きもあります。

それにしても「メタセコイア」と「大王松」は結構な巨樹です。

伊賀・名張の神社を廻って、山神様に鳥居があるのは記憶がないので初めてではないかと思いますが、数多くの石に「山神」と彫られて並んで鎮座されています。

これって山のあちらこちらにあったのを集めてきたのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕