(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年06月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市比土 弁財天


三重県伊賀市比土にある「弁財天(べんざいてん)」です。

ネットでこの辺りの地図を見ていた時に何か書かれているのを発見してあったので訪問してみました。

川沿いに車で走ることは無理なようであったので引き返そうかと思った時にこの場所にあることに気が付きました。

訪問してみたら説明書きがありました。


弁財天(べんざいてん)縁起

平家は壇の浦で敗れた。

其の時平の維義は舟で玄海に逃げた。

そして風で有明海へ流れ着いた。

附近の兵を集めて江州の佐々木源氏を打つ為に丸柱まで出陣した。

そこで佐々木高綱に迎え打たれて戦死を遂げた。

それが三日平家である。

弁天様は維義の女房であって鉢巻山でなくなられた。

その墓は弁天様の上にある。

維義は玉竜で討死した時、家来七人がいた。

逃げて帰って三谷の奥にかくれた。

それは今の藤原二軒、藤永二軒、藤森二軒、春日の七軒である。

此の人達は弁天様を持って三谷山で祭った。

それが大水のため流れて我藩の下の川に溜った。

それを高瀬の鴨宮様の御先祖様が拾い上げて現在に至る。

家内安全 息災延命 交通安全 水難防護

五穀豊饒 商売繁盛 所願成就

弁財天保繕役員

昭和五十年十二月十八日 記』


私には何が書かれているのか意味が掴めないのですが、如何でしょうか。

どうなのでしょうか。