(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年06月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市山畑 勝手神社


三重県伊賀市山畑に鎮座する「勝手神社(かってじんじゃ)」です。

伊賀市の東端の中央部と言えば良いのでしょうか。

現在は名張市と伊賀市の境に住んでいて西南端からやって来ましたが、伊賀市の神社の中で、最も多くの鯉が泳いでいる池が鳥居脇にありました。

私たち夫婦は鯉に餌を与えるのが好きでいつも車には麩などが乗っているのですが、与えるなということで残念です。


『三重県無形文化財指定

国 民俗芸能選択指定

神事踊り由来

神事踊りの起源が明らかでないが寛政二年光格天皇の代に、徳川吉宗公の善政老中であって松平定信の補粥が国家安穏国民泰平を祈るために、敬神思想向上として、村民を励ますために盛んに催したとされる。

悪疫流行、雨乞、豊作等の祈りをか捧げ、これが神霊化し、農民奉賽のための舞となったので、本来は五穀豊穣、村内安穏を祈る農村共通の風流●「カッコ踊り」の一つであろう。

踊りの種類は二十種類で楽長を中心にして楽太鼓打ち、中踊り、歌出し(立に歌い、地歌い)鬼笛、籠馬、猿(籠馬、猿は神社年番)総数二十名で構成され、毎年十月十日、秋の大祭に境内において奉納し古代民族芸能の内、随一と目され昭和三十八年に三重県無形文化財指定、昭和四十五年日本万国博覧会の世界の花まつりに出演、翌四十六年国の民族芸能選択指定と受ける。

NHKのふるさとの歌まつりや全国民族芸能大会、映画、テレビ等出演し格調高い風流踊りと目されている。

伊賀市

伊賀市観光協会

勝手神社神事踊り保存会』


境内は陽が差し込み綺麗に掃き清められていて、毎度のことながら頭の下がる思いです。

境内は土盛りされた「土俵?」のような形跡がありますが、祭りや神事に使われているのでしょうか。

私は「祭り=神事」と思っていますので、氏子の皆さんの邪魔をするのもという思いと写真に人が写りこむのを好まないので、祭りは避けています。

個人的には再訪したい神社に挙げられます。

また、参拝したいと思います。


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕