(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年06月13日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

名張市箕曲中村 箕曲神社


三重県名張市箕曲中村に鎮座する「箕曲神社(みのわじんじゃ)」です。

国道165号線から、この鎮座地へのアクセスは近鉄大阪線があるために、地理不案内の私には少々難問でした。

道幅が狭いのは、この周辺の何処でも同じようなものですが、山の上にある百合が丘へのアクセス道路はあるのですが、こちらへ向かう道はあまりにもお粗末です。

えらい場所を開発したものであると思います。


箕曲神社(みのわじんじゃ)

祭神

 應神天皇(おうじんてんのう)

 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

 五男三女命(ごなんさんじょのみこと)

 建速須佐之男命(たてはやすさのをのみこと)

 大物主命(おおものぬしのみこと)

 火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)

 大山祇命(おおやまつみのみこと)

 天手力男命(あめのたぢからをのかみ)

由緒

当社は往古より現在地に鎮座まします八幡神社(はちまんじんじゃ)を称せしが明治四十年十一月十四日許可を得て大字中村字五百刈無格社稲荷神社(いなりじんじゃ)、字浦同八柱神社(やはしらじんじゃ)、同字高塚、同蔵王神社(ざおうじんじゃ)、字高尾同金刀比良神社(ことひらじんじゃ)、谷口同山神社(やまじんじゃ)、字高尾同山神社(やまじんじゃ)、同山神社(やまじんじゃ)を合祀。

明治四十一年一月二十一日箕曲神社(みのわじんじゃ)と改称す。』

※ 境内石板



箕曲神社(みのわじんじゃ)

往古から八幡神社(はちまんじんじゃ)として現在地に存在していた。

当村の郷士中村氏が、永禄年間、鎌倉八幡宮(かまくらはちまんぐう)に参詣し御分霊を授けられたと伝えられている。

明治に区内の神社を合祀して箕曲神社(みのわじんじゃ)と改称された。』

※ 伊賀のお宮めぐり


隣接して「真言宗室生寺派 槙山(まきさん) 勝宝院(しょうほういん) 福成就寺(ふくじょうじゅじ)」があります。

伊賀地方には神仏習合の置き土産がかなり見受けられます。

今では神仏分離になっているのでしょうが、民衆の意識は変わらないようです。

宗教者も民衆の内から出ていますので何とも心許ないことです。

齢を重ねるごとに若者であった頃に否定していたことを受け入れていくのでしょうか。

私は「アーメン」としか言えません。


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕