(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年05月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

名張市上長瀬 國津神社


三重県名張市上長瀬に鎮座する「國津神社(くにつじんじゃ)国津神社(くにつじんじゃ)〕」です。

国指定名勝 三多気の桜」を訪問するために走ってきたのですが、気が付けば長瀬にも國津神社(くにつじんじゃ)が在ったのですが気が付けば通り過ぎていました。

なんせ生まれて初めて通る道なので道沿いに無ければ気が付かずにということが少なくありません。


上長瀬國津神社(くにつじんじゃ)

鎮座地

三重県名張市上長瀬

御祭神

  大名牟遅神(おおなむちのかみ)

  建速須佐之男神(たてはやすさのをのみこと)

恒例祭

  二月   祈年祭

 十一月二日 例祭宵宮際

 十一月三日 例祭座祭

 十一月   新嘗祭

式年祭

 二十年毎 式年造営奉祝祭

由緒

当社の創立年代は不詳であるが往古よりこの地に鎮座され信仰されてきた。

伊勢の神宮六箇山領に属し、平安末期の古文書に國津祠とある。

明治四十年神社合祀令により名張布生の村社國津神社(くにつじんじゃ)に合祀されるも昭和二十七年(1952)には氏子崇敬者の熱意により上長瀬國津神社(くにつじんじゃ)と社名変更しこの地に復祀鎮座された。』


この周辺には國津神社(くにつじんじゃ)国津神社(くにつじんじゃ)という名称の神社が多いなと思っていたのですが、合祀されて復祀した時に名称もという事でしょうか。

明治政府の行った合祀令というのは神仏習合から神仏分離を強制的に国民に命じたようですが、権力の思惑とは別にどこ吹く風と言った名残があちらこちらに散見されます。

面白いものです。

大阪ではあまり残っていませんでしたが、伊賀市や名張市や宇陀市の神社を回っていると境内地の境界も解りにくい神社と寺院があちらこちらで同居していますし、鐘楼も神社だけになっていても残っていたりします。


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕