(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年03月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市新堂 神明神社


三重県伊賀市新堂に鎮座する「神明神社(しんめいじんじゃ)」です。

こちら方面に来たのは、全く初めてです。

土地勘も全くありませんし、地名を聞いても何処にいるのかも不確かな状況です。

国土地理院の地形図は最近は修正がされていないことが多く大まかな情報しか知り得ません。


神明神社(しんめいじんじゃ)

御祭神

大日霊貴命(おおひるむちのみこと)

大物主命(おおものぬしのみこと)

木花佐久夜比賣命(このはなさくやひめのみこと)

應神天皇(おうじんてんのう)

大山祇神(おおやまずみのかみ)

建速須佐之男命(たてはやすさのをのみこと)

火産霊命(ほむすびひめのみこと)

受持命(うけもちのみこと)

菅原道真公(すがはらみちざねこう)

建御名方神(たけみなかたのかみ)

八王子神(はちわらしのかみ)

布都御魂神(ふつのみたまのかみ)

天水分神(あめみくまのかみ)

明治四十一年、柏野の藤位神社・御代の諏訪神社・楯岡の新明神社の三社を合祀した。

平成二十年合祀百周年記念祭を斎行した。』


いずれにしろ、日本の信仰については明治政府の合祀令によってズタズタにされたことは否めないと感じています。

住民の活力のある地は、復祀しているのがその証拠ではないでしょうか。

JRの関西本線の新堂駅の北側直ぐに鎮座しているのですが、駅名すら聞いた記憶もありません。

私にとって関西本線は柘植・名古屋方面は笠置で終わっていました。

伊賀地方へ越してきてもこの地に来ることはなく、初めての訪問です。

それにしてもなかなか風光明媚な場所ですが、背面の山の斜面は結構きつく地滑りや山崩れの危険地帯に指定されている場所が少なくないようです。


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕