(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年10月20日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

伊賀市上野東町 菅原神社〔上野天神宮〕


三重県伊賀市上野東町に鎮座する「菅原神社(すがわらじんじゃ)上野天神宮(うえのてんじんぐう)〕〔公式HP〕」です。

伊賀線の上野市駅を挟んで北側には伊賀上野城がそそり立っています。

伊賀に越して来るまで上野のことなど殆ど知りませんでした。

河内平野からはそれ程遠いと思っていたのです。


菅原神社(すがわらじんじゃ)上野天神宮(うえのてんじんぐう)

菅原神社(すがわらじんじゃ)は、(上野天神宮(うえのてんじんぐう))(通称:お天神さん)と呼ばれ、菅原道真公を主神とする神社です。

旧上野町六千戸の産土神として、また文學の祖神あるいは牛馬の守護神として崇敬されています。

往古、上野山平楽寺の伽藍神で農耕神祇に発祥する神々をまつる神社でしたが、天正九年(1581)天正伊賀乱ののち藤堂高虎による城下町建設の際、この地に奉還され城郭鎮守としてまつられました。

毎年十月二十三日から二十五日に行われる上野天神祭は、神輿の渡御に供奉する百数十体の鬼行列や、雅調豊かな祭ばやしを奏でながら、これに続く九基のだんじり(樓車)に、四百年の伝統を伝え現に県の無形文化財に指定されています。

併て正面の樓門・鐘樓なども市の文化財の指定を受けています。

なを、當社は寛文十二年(1672)一月俳諧に身を立てることを決意した俳聖芭蕉翁がその処女作「貝おほい」一巻を社前に奉納されて自らの文運を祈願されました。

かかる由緒ある社として、いま市文化財「史蹟」に指定されています。』



鎮霊社の由緒

しづたまのお社は、昭和五十年九月菅原神社(すがわらじんじゃ)の創建で、その折り大東亜戦争帰還者五十名でしづたま会を結成し、神社に協賛して、春秋年二回の大祭、ご慰霊が始まりであります。

祭神は明治以来幾多の戦争で戦病死された氏子の英霊を祀るお社で、戦歿者六百七十三柱を合祀し、今日の平和国家日本の礎となられた方々をとこしえにお祀りするものであります。

平成十年四月吉日

菅原神社(すがわらじんじゃ)


市街地にドカッと陣取った鎮座地の境内はこの周辺の町がこの場所を中心にしていることがよく理解できます。

それにしても伊賀の地は「祇園信仰」が盛んなようで、各地の神社で「祇園祭」が斎行されています。

上野天神祭は、写真で見ていると京都の祇園祭を彷彿とさせるのですが、一度見に来ないといけません。

個人的には神社の祭りは見世物ではないと思っていますので殆ど見に行ったことはありません。


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕