(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年09月10日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

名張市布生 国津神社


三重県名張市布生に鎮座する「国津神社(くにつじんじゃ)」です。

私はこの地を訪問したのは伊賀方面へ越してきて直ぐであったので、どの辺りに辿り着いたのかも不明で困ってしまいました。

後で知ることになるのですが、国津神社(くにつじんじゃ)という名称の神社が山を越えた長瀬や上長瀬にも鎮座していて、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)や神仏習合によって合祀され復祀された歴史があるという事です。


国津神社(くにつじんじゃ)

祭神

大国主命(おおくにぬしのみこと)

建速素戔男命(たてはやすさのをのみこと)

天押雲命(あめのおしくものみこと)

武甕槌命(たけぬかつちのみこと)

火之迦具土命(ほのかぐつちのみこと)

由緒

この地は、古くより六箇山に属し、伊勢神宮領にあって布を献上したことにより布乃布と記し、ふのうとよばれるようになった。 六箇山一帯には國津神(地祇神)を祭り、國の豊饒と安泰を願ってきたが、当社は國津神を主祭神とする。 なお、國津神は大國主命(おおくにぬしのみこと)であるとされる。 また平安朝時代すでにこの地に國津祠が建てられていたことが記録されている。』


山神様が勢ぞろいしています。

精々二から五個程度が多かったのですが、ここまで並べてあるのは初めて見ました。

山中であるはずなのですが、神社の周辺はやや開けた雰囲気があります。

意外なのですが、名張市の最南端に近い神社までたどり着いたようです。

居宅からはそんなに遠くないのですが、えらい昔からこの地に人が住んでいたことには本当に驚かされます。


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕