(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年06月09日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

名張市桔梗が丘3番町 鹿島宮


三重県名張市桔梗が丘3番町に鎮座する「鹿島宮(かしまのみや)」です。

近畿日本鉄道の桔梗が丘駅と美旗駅の間の南側にある住宅地の丘の上に鎮座しています。

初めて訪問した時にはカメラを持参していなかったので、近いしまた来るかと思っていたのですが。

ほぼ1年経過してしまいました。


鹿島宮(かしまのみや)

御祭神

武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)

経津主大神(ふつぬしのおおかみ)

鹿島宮(かしまのみや)の御本宮は、茨城県の鹿島神宮(かしまじんぐう)、千葉県の香取神宮(かとりじんぐう)で、それぞれの祭神の御分霊を正式に奉戴し祀ってあります。

祭神の御二神は、神代の昔、伊勢神宮(いせじんぐう)にお祀りされている、天照大御神(あまてらすおおみかみ)様の神意により、鹿島大神(かしまおおかみ)様は、力と技で、香取大神(かとりおおかみ)様は、知恵と器量で、二柱の大神様が力を合わせられ、日本民族を統一された建国の大功神であります。

この二柱の大神様を祀ってあるのが、桔梗が丘に鎮座されます鹿島宮(かしまのみや)です。

伊勢神宮(いせじんぐう)とならび、日本最古の格式高い神宮の御祭神で、その御神徳も広く、武道、経済、殖産興隆、交通安全、人生開運等無限の御神徳ある御二柱です。

武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)鹿島神宮(かしまじんぐう))、経津主大神(ふつぬしのおおかみ)香取神宮(かとりじんぐう))を御祭神としてお祀りされている神社は全国で約二千社に及び、そのうち正式分霊社としてお祀りされているのは奈良県の春日大社(かすがたいしゃ)への御分霊一神護景雲二年(1768)以来稀有な事で、昭和四十八年(1973)五月五日に、鹿島神宮(かしまじんぐう)、東実宮司により、三重県の鹿島宮(かしまのみや)として桔梗が丘の地に奉遷された、正式御分霊の宮であります。』


如何にも新しそうな神社であると思っていたのですが、四十年程経過しているのには驚かされます。

鹿島宮(かしまのみや)が鎮座したのは桔梗が丘が開発されて人々が住み始めた頃という事でしょうか。

そう言えば奈良県学園前に住んでいた時に、馬を飼っている神社があり、子供が幼稚園に通う道すがらにありましたが、奈良市中町に鎮座する大和国鹿島香取本宮(やまとこくかしまかとりほんぐう)がありました。

奈良市春日野町に鎮座する春日若宮社(かすがわかみやしゃ)御祭(おんまつり)の際の時代行列に参加する馬を飼っているようです。

由緒に記載されている御分霊をお祀りしている神社は大和国鹿島香取本宮(やまとこくかしまかとりほんぐう)のことでしょうか。


関連情報レポートリンク

【伊賀 神社参拝案内 一覧】〔名張市〕・〔伊賀市〕